Back to top

FAQ

ご利用にあたって

リサーチアルチザンプロでは、ユーザー様ご自身が更新のお手続きを行うことで、契約が成立します。
よって、無料お試し後に勝手に課金されたり、契約延長するつもりがなかったのに勝手に延長されることはありません。
ご利用の有効期限が近づいてきますと、お知らせメールが配信されますので、契約延長をご希望の場合はお早めに更新のお手続きをお願い致します。
お支払い方法(クレジットカードもしくは銀行振込)は、更新の度に指定が可能です。

お試し期間については、ユーザー登録後の最初のサイト登録に限り適用されます。
このお試し期間の不正利用を防ぐため、サイトを削除したりキャンセルした場合でも、次の登録は2つ目のサイトと判断され「無料お試し」プランを選択することができません。申し訳ありませんが、ご了承ください。
「サイト登録時に入力したサイト名やURLを間違えた」、また「登録後に解析するサイトを変更したい」といった場合はサイトを削除せず、登録内容変更よりご登録内容を変更してください。

請求書の発行は可能です。
サイトの登録・更新等のお手続きの後、お問い合わせフォームもしくは「support[アットマーク]research-artisan.com」までご連絡ください。
PDFファイルで作成した請求書をメールで送付致します。

解析用タグから広告は一切表示されません。但し、以下の場合は広告が表示されます。

無料お試し版でご利用を終了された場合や、有効期限が経過してもサイトの更新手続きを行われなかった場合は、その有効期限から2ヶ月以内であればサイトのアカウントは有効ですので過去の解析結果が見れますが、有効期限から2ヶ月を経過した場合は自動的にサイトのアカウントは削除されます。

(例)2019年10月25日に無料お試しでサイト登録
→ 2019年11月24日に無料お試し終了
→ 2020年1月23日までサイトアカウント有効
→ 2020年1月24日サイトアカウント自動削除

このように自動的にサイトのアカウントが削除となった場合や、自らサイトの削除のお手続きをされた以降も、サイトに解析用タグが設置されている場合は以下の広告が表示されます。

Research Artisan Pro

※サイトの左側に「80x15」サイズのバナー広告(リサーチアルチザンプロへのリンク)となります。
お手数ですが、ご契約を終了されたサイトについては速やかに解析用タグを削除して頂きますようお願い致します。

IE11をご利用の場合は、以下のリンクより旧バージョンのシステムをご利用ください。

ユーザー登録

ログイン

お問い合わせ

アカウントについて

ホーム画面の登録内容変更よりサイト名とURLを変更することができます。
また、アクセス解析メニューの基本設定からも変更することができます。

基本的にはサイト毎に登録する必要があります。
尚、サイトアカウントを1つだけ登録し、そのサイトアカウントの解析用タグを複数のサイトにも設置して、複数のサイトのアクセス解析を行うことは可能です。

複数のサイトで利用する場合、サイト毎に料金が必要ですか?

有効期限は、”契約日~契約最終月の前の日”となります。

有効期限はどのように計算されますか?

契約したプランの有効期限が経過してもプランを更新しなかった場合、そのプランの有効期限から2ヶ月以上経ったサイトについては自動的にサイトの登録が解除され、過去の解析結果を見ることができなくなりますので、ご注意ください。

登録内容変更で、登録したサイト名とURLを変更し、解析用タグを変更するサイトに設置してください。

料金はサイトアカウント毎に必要です。
また、1つのサイトアカウントの残りの有効期限を、別のサイトアカウントに足すことはできません。
利用するサイトを変更するには、「削除 → 登録」ではなく、以下のリンクを参考にサイトアカウント情報を変更してください。

利用するサイトを変更するには?

残りの期間について、上位のページビュープランを月割で計算した金額より、既に支払い済みの金額を差し引いた金額となります。
詳細につきましては、実際のお手続きの際に料金と差額計算についてのメモが表示されますので、そこでご確認頂けます。

ご利用のクレジットカードの有効期限や利用額の上限、ご利用のブラウザ等をご確認ください。

クレジットカードで支払おうとしたら、「PayPalでのお支払いにてエラーが発生しました。」と表示され、支払うことができません。

ログイン時に使用するアドレスは、ユーザーアカウント登録時に指定したアドレスとなります。
解析結果メールには、ユーザーアカウント登録時に指定したアドレス以外も指定できますので、ユーザーアカウント登録時にどのアドレスを指定したかご確認ください。

アクセス解析について

数値や計算方法については、以下のリンクを参照してください。

スクロールマップのviewやパーセンテージといった数値は何を表しているのでしょうか?

サイト訪問者のプライバシーを重視したGoogleやYahooの仕様変更により、検索キーワードに関する情報が取得できないことが原因です。
アクセス解析サービス全体的に検索キーワードが取得できない状況になっています。

GoogleやYahoo検索について、検索フレーズ・検索ワードが取得できない件について

黄色はリンククリック、グレーはボタンクリックを表しています。

訪問者詳細

PPC広告側の設定で、広告毎にダミーパラメータを設定することで知ることができます。

Yahoo検索からの流入か、PPC広告からの流入かを知りたい。

サイトビュー機能を使えばグレーアウトせず背景が正しく表示されます。

サイトビュー機能

背景がグレーアウトする原因は主に3つあります。

スクロールマップやヒートマップ、クリックマップを確認した際に、背景がグレーアウトして何も表示されません。

WordPressのプラグイン「WP-Copyright-Protection」を使用している場合や、ページをiframeの子フレームでページを表示しないようなスクリプトを挿入している場合、現象が発生します。

ヒートマップ・クリックマップ・スクロールマップを確認した際に、一瞬結果が表示された後、直ぐにそのページ自体の表示に切り替わって結果を確認することができません。

リファラー情報が無い場合のアクセスは、ブラウザのお気に入りやURLを直接入力してのアクセスと判断し、これらを「ブックマーク等」と表現しています。

リンク元ホストで「ブックマーク等」と表示されますが、どういう意味でしょうか?

PDFファイルに解析用タグを貼り付けることはできませんので、正確なダウンロード数を計測することはできません。
但し、サイトにPDFファイルへのリンクがあり、このPDFファイルへのリンクがクリックされた数をダウンロード数として計測することは可能です。
具体的には、PDFファイルへのリンクにリンククリック測定用data属性を設定します。
尚、PDFファイルが外部サイト(解析用タグを貼り付けたサイトとは別のドメイン)にある場合は、リンククリック測定用data属性の設定は不要です。

コンバージョンとは、”商品が申し込まれた”・”あるページにアクセスされた”・”アフィリエイトリンクがクリックされた”・”AdSense広告がクリックされた”というような、サイトにとっての成果(目標)を表したものです。
このような成果をコンバージョン設定することでコンバージョン解析が可能になります。

コンバージョン

フィルタ選択機能を使えば、”特定のページ”・”特定の訪問者”・”特定のドメイン(訪問者のアクセス元のドメイン)”に絞り込んだ解析結果を見ることができます。

フィルタ選択

解析用タグオプションの、”ユーザーID設定” を使えば、会員毎にアクセス解析できます。

ユーザーID設定

訪問者録画について

訪問者録画につきましては、全ての訪問者が録画される訳ではなく、一定の割合でランダムに抽出された訪問者だけが録画されます。また録画される割合はPVに比例しますので、PVが少ないサイトにつきましては録画されにくい傾向にあります。

録画用タグを貼り付けても録画されません。