アクセス解析機能

アクセス解析機能 シンプルで高機能なリアルタイムアクセス解析ツール

シンプルでわかりやすい

画面はシンプル。わかりやすい操作性で直ぐに誰でも簡単に使いこなせるアクセス解析ツールです。

リアルタイムアクセス解析

解析結果はリアルタイムで。「今この瞬間にサイトに何が起きているか?」を直ぐに把握できます。

モバイル、SSLサイト対応

スマホ・ガラケー向けモバイルサイト、SSLサイト解析対応。モバイル端末で解析することも可能。

マップ解析で動きを視覚化

ヒートマップやスクロールマップで、クリック箇所や見られた箇所がグラフィカルに確認できます。

簡単にコンバージョン測定

簡単な設定で詳細なコンバージョン測定が可能。コンバージョン達成時はメールでお知らせします。

解析結果メールでお知らせ

前日の解析結果をメールでお知らせ。アクセス数が急増・急減した場合もメールでお知らせします。

解析結果をエクスポート

任意の期間の解析結果をCSVファイル・PDFファイル・画像ファイル・メールへエクスポートが可能。

過去データ最大2年間保存

アカウント有効期間内は過去データは最大2年間保存されます。過去データと比較解析も可能です。


まずはサンプルで動作をご確認ください。

機能概要

解析用タグを貼り付けるだけ

サイトアカウントご登録後は解析用タグをご利用サイトに貼り付けるだけ。他の細かな設定は不要で簡単にアクセス解析を導入することができます。

解析用タグ

解析項目

以下のように豊富な解析項目をご用意しています。

時系列

  • 時間別
  • 時間別ログ
  • 日別
  • 月別
  • 曜日別
  • 日別推移

訪問者

  • 新規・リピーター
  • 訪問者詳細
  • ドメイン
  • リモートホスト
  • IPアドレス
  • 都道府県
  • 企業・学校等の法人
  • ページビュー
  • 滞在時間

環境

  • ブラウザ
  • OS
  • 解像度
  • 色数
  • JavaScript/Cookie
  • 端末

ページ

  • ページ
  • 入口ページ
  • 出口ページ
  • スクロールマップ

検索

  • 検索フレーズ
  • 検索ワード
  • 検索エンジン
  • クローラー
  • Googleランキング

リンク

  • リンク元ホスト
  • リンク元ページ

クリック

  • リンククリック
  • ボタンクリック
  • クリックマップ
  • ヒートマップ

AdSense

  • AdSense クリック
  • AdSense ページ
  • AdSense IPアドレス

タイムライン

  • タイムライン

コンバージョン

  • コンバージョン
  • コンバージョン詳細

エクスポート

  • メール送信
  • ログのダウンロード

2パターンのグラフ表示

各解析結果のグラフ表示は棒グラフだけではなく、円グラフでも表示が可能です。またこの表示はいつでも切り替えることができます。

円グラフ

過去のデータとの比較

各解析結果について指定した期間との比較ができます。これにより、「前日との比較」・「前月との比較」・「前週との比較」といった基本的な比較だけではなく、「2015年1月1日~1月10日と2015年2月1日~2月10日との比較」といった特定の期間同士の比較を行うことができます。比較はマップ解析も含む全ての解析結果について行うことができます。

データ比較

1日の解析結果メール

前日の簡易な各解析結果を、毎朝メールでお届けします。これにより、ログインしなくても前日のサイトにアクセス状況の概要をつかむことができます。メールの宛先は任意で複数の指定が可能です。

※解析結果メール配信希望の設定を行う必要があります。

1日の解析結果メール

アラートメール

訪問者数・ページビュー数の急増・急減を1時間おきにメールでお知らせします。これにより、頻繁にログインしてアクセス状況を確認できなくても、アクセス数に大きな変化があったことをいち早く知ることができます。また、アラートメールはサイトの監視といった用途にも有用ですので、例えばサイトがダウンした場合(=ページビュー数が急に0になった等)も直ぐに状況を把握することができます。

※アラートメール配信希望の設定を行う必要があります。

アラートメール

指定した期間の解析結果をエクスポート

指定した期間のアクセスログをCSVファイルでエクスポートすることができます。これにより、Excel等の表計算ソフトを利用して解析結果を独自に加工することができます。また、指定した期間の簡易な各解析結果を指定した宛先にメールすることができます。これにより、自分以外に他の人にもメール送信して解析結果を共有することも可能です。

エクスポート画面

様々なフォーマットで今見ている解析結果をエクスポート

現在画面に表示されている各解析結果を、CSVファイルにエクスポートすることができます。また、現在表示されている各解析結果をその画面イメージのままPDFファイルや画像ファイル(png形式)でエクスポートすることができます。PDFファイルや画像ファイルは、そのまま資料としてもご利用頂けます。更に現在表示されている各解析結果をそのままメール送信することができます。これにより、例えば今見ていて気になった解析結果をメモ代わりにメール送信しておけば後でいつでも確認することができます。

CSVエクスポート

フィルタ選択

特定の「ページ」・「訪問者」・「ドメイン」に絞って解析をするフィルタ選択ができます。例えば「ある企業(ドメイン)からのアクセス」に絞った形で各解析を行うことができます。フィルタは複数選択できるようになっていますので、例えば「トップページ」と「申し込みページ」に絞った解析、「○○株式会社」と「△△大学」に絞った解析等を行うことができます。更にこれらのフィルタは複合して選択できますので、例えば「商品購入ページ」について「○○株式会社」と「△△大学」からのアクセスのみの各解析結果を調べる、といった事も可能です。

フィルタ選択

「ページ」・「訪問者」・「ドメイン」名称設定

通常、訪問者はIDにて表現されますが、訪問者に名前を設定することもできます。これにより、見た目にも更に訪問者を追跡しやすくなります。また、ドメインについてドメイン名を設定することもできます。企業や学校のドメインを登録することで、どの組織からのアクセスかがわかりやすくなります。更にページタイトルも設定できます。これにより、サイト内各ページのtitleタグとは別の名前を付けて解析結果を確認することができます。

ドメイン名設定

タイムライン

Twitterのタイムラインのイメージで、現在のアクセス状況がリアルタイムに画面上を流れていきます。また、今オンライン中(アクセスしている)の訪問者の数と、その内訳(新規訪問者か再訪問者か)がわかります。アクセス状況は折れ線グラフでも表現され、タイムラインを見ている間のアクセス数の増減も視覚的にわかりやすく見ることができます。更に、オンライン中の訪問者の各都道府県からのアクセス状況をマップ上でわかりやすく確認できます。

タイムライン

メモ

現在表示されている解析対象の日(○年○月○日)や期間(○年○月○日~□年□月□日)についてメモを設定することができます。これにより、例えば「サイトをリリースした日」や「キャンペーン期間」といったサイトのイベントをメモ書きしたり、「△時にアクセスが急増した日」や「アフィリエイトリンクへのクリックが多かった日」等、解析結果についてのコメントを残すこともできます。

メモ

解析用タグオプション

柔軟にアクセスを計測できるように解析用タグには様々なオプションがあります。例えば、「この画像をクリックした時にボタンクリックをカウントしたい」といった任意のタイミングでボタンクリックを計測できるようにするオプション等があります。

解析用タグオプション

カスタムトラッキング

スマートフォンに最適化されたサイトに代表されるような、ページが部分的に変わるサイトについての各ページへのアクセス数や、Flash内にある外部リンクのクリック数等は、解析用タグを貼り付けるだけでは計測できません。このような場合は、Javascriptによる「カスタムトラッキング」コードをご利用のサイトの任意の場所に埋め込むことにより、確実にアクセス・各クリック測定を計測することができます。

カスタムトラッキング

モバイル対応

スマホ・ガラケー向けサイトの解析

「PC / スマートフォンサイト解析用タグ」を貼り付けることでスマートフォン向けサイトの解析を行うことができます。また、「携帯サイト(フィーチャーフォン、ガラケー)解析用タグ」を貼り付けることでフィーチャーフォン向けサイトの解析を行うことができます。

PC / スマートフォンサイト解析用タグ

スマートフォンでの解析結果確認

iPhoneやAndroidといったスマートフォンでも詳細な解析結果を知ることができます。外出先からもサイトのアクセス状況をしっかり確認できます。詳細はWebアプリをご確認ください。

Webアプリ

フィーチャーフォンでの解析結果確認

フィーチャーフォン(ガラケー)で簡易な解析結果を知ることができます。外出時でも今この瞬間のサイトの状況を確認できます。

※フィーチャーフォンから http://pro.research-artisan.net/m にアクセスします。

フィーチャーフォン確認

マップ解析

ヒートマップ

ページ上でクリック(タッチ)された場所(点)の度合いが赤・黄・青のサーモグラフィで表示されます。これにより、訪問者がどこをよくクリックしたかを直感的に把握することができますので、例えば「アフィリエイトリンク」・「商品購入」・「資料請求」といったクリックして欲しいリンクやボタンをどこに配置すれば良いか?等のヒントを得ることができます。

ヒートマップ

クリックマップ

ページ上でクリック(タッチ)された場所(点)が細かくわかります。これにより、ヒートマップではわからなかった細かいクリック箇所を知ることができます。

クリックマップ

スクロールマップ

ページ上のどの部分が実際に見られているか?がわかります。これにより、「やはりページのフッター近くの内容はほとんど見られていない」・「画像部分がよく見られている」等、訪問者の目の動きを把握することができます。

スクロールマップ

コンバージョン

コンバージョン測定

コンバージョンとは、「商品が申し込まれた」・「特定の記事が読まれた」・「アフィリエイトリンクがクリックされた」・「AdSense広告がクリックされた」というような、サイトにとっての成果(目標)を表したものです。これらの成果を「コンバージョン設定」してコンバージョンに至るまでのサイト訪問者の様々な動きを捉えることで、コンバージョン数やコンバージョン率を上げる為のヒントを得ることができます。

※コンバージョン数は、「その成果へのアクセス(クリック)数」を表し、コンバージョン率は、「全訪問者数に対する、その成果を達成した訪問者数(コンバージョン数)の割合」を表しています。

コンバージョン

測定は、「申し込み完了画面」や「アフィリエイトリンク」等のURLをコンバージョン設定すれば、後は自動で行われます。コンバージョンでは、コンバージョン数とコンバージョン率を確認することができます。更に、「時間(何時のコンバージョンが多い?)」や「検索フレーズ(どのようなキーワードで検索された?)」、「平均滞在時間(どれだけサイトに滞在していた?)」や「平均直帰率(何回サイトを閲覧していた?)」というような、コンバージョンに至るまでの訪問者の動きが詳細にわかります。

コンバージョン詳細

コンバージョンメール

1時間おきにコンバージョンの状況がチェックされ、達成した場合にその内容が配信されます。これにより、コンバージョンの達成状況をいち早く知ることができます。

※コンバージョンメール配信希望の設定を行う必要があります。

コンバージョンメール


これらの機能を実際にお試しください!